脂肪を燃焼するケトン体質になりたい💚MCTオイルでダイエット

トナリン食事は大事!!

アラフィフとんです。年々、新陳代謝が落ちているのを実感しています 😐

そんな時、ケトン体質になると〜〜どんな時でも脂肪を燃焼する体になれる!と聞きました。

さてそのケトン体質とはなんなんでしょうか??

通常、食べたものは腸で吸収され、エネルギー源のブドウ糖となって全身に運ばれます。ブドウ糖は、何も食べないと通常8時間ほどで、全てなくなると言われています。

断食するとエネルギー源がなくなってしまいます。

エネルギー源が0になると、肝臓に中性脂肪が集まります。

肝臓で脂肪が分解されてできるのがケトン体。

細胞内で脂肪がどんどん使われるので結果として太りにくいガラダになります。

このスイッチがオンになるには、ある程度の断食の期間が必要とか。

しかし、糖質制限によりケトン体が作り出せるようです〜〜

 

糖質制限でケトン体を作れる体になる

糖質制限をしたの脂肪の作用

①「糖新生」という現象が起こり、脂肪からブドウ糖を作り出し、カロリーが消費される。

②「ケトン体」というエネルギー源になる物質が脂肪から作り出される。余った分は体外に排出(外に出る分も、カロリーを持っている)

①と②作用で「脂肪燃焼体質」というモードになり、基礎代謝が活発になり、すなはち、体重は減少しやすくなります。

 

 

ケトン体で体内エネルギーの大改革を作る?

 

糖質制限によりブドウ糖が不足すると、体の脂肪が燃焼されエネルギーとして使われ、その時に肝臓でケトン体が作られる。

 

ケトン体を生成しやすいMCTオイル

この「ケトン体」を生成するために効率的と言われている脂質が中鎖脂肪酸、つまりMCTオイルです。一般的な油と比較すると、同じ量で約10倍も多くのケトン体がつくられる、との研究結果もあります。

MCTオイル

 

MCTオイルとは??

中鎖脂肪酸油のこと。ココナッツやパームに含まれる。

摂取してからすぐにエネルギーになりやすい。つまり体脂肪になりにくいのです。

また、摂取することにより食欲が減るという嬉しい効果が!!

 

MCTオイルの主成分でさる中鎖脂肪酸は、油の一種でありながら、他の脂肪酸と異なり肝臓に直接取り込まれて超スピードで分解される(※1)ことが分かっています。その素早い分解によって、ケトン体が生成されます。

ケトン体は、体内のブドウ糖が無くなった際に生成されると先に説明しました。しかし、MCTオイルを摂取すると、ブドウ糖か体内に残っていたとしても、優先的にケトン体が作られるのです。

 

なんと!

ブドウ糖が体内にあっても、MCTオイルを摂取することにより、優先的にケトン体が作られる!!

 

MCTオイルで作るバターコーヒー

朝に、MCTオイルを入れたバターコーヒーを飲むと、その日の食欲が抑えられる!!

バターコーヒーの作り方:

ホットコーヒーにMCTオイル大さじ1杯

グラスフェッドバター大さじ1杯  これだけ〜〜

*満腹感があって、食欲が抑えられます。

 

MCTオイルはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました